悩みを晴らそう

精神的な面でのメンタルカウンセリングが実施される様になったのは、1900年代のアメリカがはじまりとなっています。はじめは、教育・職業指導の一環として実施されていた様ですが、次第に精神内科でも重要な役割を果たす様になり、治療方法を決定する以前のサービスとして取り入れられていきました。 日本でも、戦後はアメリカの影響があり、教育現場でカウンセリングが実施される事もありましたが、医療分野においては、まだ確立されたものではなかった様です。現在では、医療・教育・職場等においても注目され、サービスを利用する人も増えている状況となっています。

カウンセリングサービスについては、現在ではサービスを利用する人が増えていますが、ストレス社会といわれる現代においては、更に利用者、サービスを必要とする人口が増えていく可能性があります。もともとはアメリカで発達したカウンセリングサービスですが、サービスを利用するのは、特に精神疾患などを発症しているケースよりも、一般の人が利用しているケースが多くあります。その傾向が、日本においても見られる様になっているため、一般社会におけるサービスの利用が増えていく事が予想されます。 また、カウンセリングサービスについては、特に医師の必要性がないケースも多くあります。医療的な治療が必要な場合には、精神科の医師が治療を行うなど、医療分野と民間業者との区別が明確になる可能性も見込まれます。