方法を知ろう

カウンセリンをする際は、グループミーティングに近いものでテーマを決めて話をしたり、自分の意見を発表したり経験談を独白したりします。その後、個別にカウンセリングを行い、より自分を客観的にみたり、クラインアントと他者との関係性の一端を臨床心理士が知る手助けになっています。 この取り組みはアメリカなのではよく行われているもので、辛いトラウマを抱えた人や、薬物やお酒への依存症がある人たちに効果があると言われています。 日本においても病院や大学なので最近行われています。

心療で行われるカウンセリングの専門家は主には精神科医と臨床心理士です。 どちらも大学、大学院で研究をし国家資格を取得しているスペシャリストです。 これからは臨床心理士について特にご紹介したと思います。 心療関係のカウンセリングを臨床心理士に受けるというは病院だけにいるわけではありません。もちろん病院で医師の指導をもとにカウンセリングを行っていることは多いです。しかし他にもカウンセリングを受けれる場所はあります。 たとえば市区町村の相談窓口、保健所、ほかには大学での心療カウンセリングルームなどでもカウンセリングをしていることは多いことです。 カウンセリングでは特に何かをしてくれるわけではありません。話を聞くことでまるで鏡のような役割をして問題を解決できるように促していきます。